FP試験の無料問題もあります!
詳細はこちらをクリック!

FP3級無料問題(6つの係数)

FP3級無料問題(6つの係数)

/8

1-5 6つの係数

1 / 8

年利3.0%で複利運用しながら毎年末に350万円を積み立てた場合、4年後にはいくらになるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

2 / 8

150万円を年利3.0%の複利で借り入れ、5年間にわたって元利均等返済で返済する場合、毎年の返済額はいくらになるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

3 / 8

年利3.0%で複利運用しながら毎年50万円を5年間にわたって受け取る場合、必要な原資はいくらになるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

4 / 8

年利3.0%の複利で、5年間にわたって毎年84万円の返済計画を立てたうえで借入を行う場合、借入可能額はいくらになるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

5 / 8

200万円を年利3.0%で複利運用した場合、3年後にはいくらになるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

6 / 8

元金200万円を年利3.0%で複利運用しながら、3年間にわたり毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年受け取ることができる金額はいくらになるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

7 / 8

年利3.0%で複利運用しながら毎年一定額を積み立て、4年後300万円を用意したいと考えている。このとき、毎年必要な積立額はいくらになるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

8 / 8

年利3.0%で複利運用できると仮定した場合、5年後に300万円を用意するためには、現時点でいくら用意しておく必要があるか係数早見表を参考に答えよ。なお、回答は1円単位まで記載すること(単位の記載は不要)。

0%

無料問題ページに戻る

 

FPのライト専任講師からのコメント

6つの係数は超!超!重要な論点です。しっかり6種類の係数を正しく使い分けられるようにしましょう。