FP試験の無料問題もあります!
詳細はこちらをクリック!

【おすすめはどっち?】FP(ファイナンシャルプランナー)3級の試験団体の違い

 

こんにちは😊FPのライトです!
 

今回は、FP(ファイナンシャルプランナー)3級の試験団体について、解説していきます!

FPに興味をもち、いざ受検してみよう!と思って調べてみると、どうやら日本FP協会と、金財(きんざい)の2つの試験団体があるらしい・・・

このとき、「結局どちらを受検すべきなのか」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、日本FP協会と金財との違い、そしてFP3級をどちらの試験団体で受けるべきかについてFPのライトが結論をお伝えします!

 

【結論】どちらでもOKだけど、資産設計提案業務がオススメ!

まず先に結論からお伝えすると、日本FP協会でも金財でもどちらでもOKです!

特にFP3級の場合は、基本問題が問題のほとんどを占めていることから、それぞれ好きな団体を受検すればOKです!

しかし、FP3級に合格することが目的の場合は、資産設計提案業務がオススメです!
(理由は記事の後半で紹介します。)

私はFP3級・FP2級ともに金財(個人資産相談業務)で受検しました!

 

日本FP協会と金財(きんざい)の違いとは?

どちらで受験するかを考える前に、まずは日本FP協会と金財の違いを見てみましょう。

日本FP協会と金財の違い
実技試験の内容

両者の違い実技試験の内容だけですつまり、試験団体を選ぶ上でのポイントは、実技試験の過去問等を見て、自分が解きやすいと感じるほうを選ぶということです!

実技試験は、次の3種類あります。

実技試験一覧
①資産設計提案業務  :日本FP協会
②個人資産相談業務  :金財
③保険顧客資産相談業務:金財
ちなみに、従来までは試験会場も異なっていましたが、2024年度からFP3級がCBT方式に完全移行されたことで、試験会場の違いも無くなりました!

なお、CBT方式については以下の記事で詳しく紹介しています!

【CBT方式ってなに?】FP3級の試験方法

 

①資産設計提案業務(日本FP協会)

日本FP協会の実技試験は、「資産設計提案業務」の1科目のみで、大問7題設問数は20問で構成されております。

金財(きんざい)よりも設問数が多く、幅広い範囲から出題される傾向があります。

試験範囲は学科試験とほぼ同じで、様々な相談シチュエーションを学ぶことができるため、FP3級の受検者のほとんどが資産設計提案業務を選択しています!

 

出題例

出典:日本FP協会 3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(資産設計提案業務)2024年1月過去問より

 

②個人資産相談業務(きんざい)

金財の実技試験は、「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」の2科目です。

2科目とも事例形式問題が5問出題され、各事例ごとに3問ずつ計15問が出題されます。日本FP協会よりも設問数が少ない分、より深い知識まで必要とする点が特徴です。

その中でも個人資産相談業務は、読んで字のごとく【個人の資産(お金)に関する相談】を行うかた向けの科目になります。

こちらも試験範囲は学科試験とほぼ同じで、様々な相談シチュエーションを学ぶことができます。販売されている書籍も多く、学習しやすい科目と言えます。

 

出題例

出典:金財 3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(個人資産相談業務)2024年1月過去問より

私はFP3級を公務員時代に取得しましたが、将来的に知識を活用して相談業務をしてみたいという動機があったため、個人資産相談業務を選択しました!

 

③保険顧客資産相談業務(きんざい)

こちらも読んで字のごとく、【保険に特化した】科目であることがわかります。

もっとも、FP3級だけで実務レベルに達するのは難しいですが、将来、保険業務に携わりたい方におすすめです!

 

出題例

出典:金財 3級ファイナンシャル・プランニング技能検定実技試験(保険顧客資産相談業務)2024年1月過去問より

 

出題範囲

出題範囲は各科目ごとに異なります。

FP協会 金財
資産設計提案業務 個人資産相談業務 保険顧客資産相談業務
ライフ
タックス
リスク ×
金融資産 ×
不動産 ×
相続

 

合格基準

日本FP協会 金財(きんざい)
100点満点中60点以上(6割で合格) 50点満点中30点以上(6割で合格)

満点の点数は違いますが、どちらも割以上の得点で合格です。

※配点は非公開となっています。

 

あなたにピッタリの試験科目をFPのライトが診断!

どうしても試験団体や科目が決まらない!というかたは、FPのライトが制作した以下のフロー図を参考に選択してみてください!

金財よりも日本FP協会の方が問題数が多いため、確実にFP3級を取得したい方は「資産設計提案業務」を選択しましょう!

 

まとめ

学科試験は共通ですから、実技試験の過去問を参考に自分が解きやすいと感じる試験団体を選びましょう!

または「なぜFP3級を取得するのか」「将来、FPの知識をどのように活用したいか」を整理してみてはいかがでしょうか!

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA